スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ戦国無双を見ての愚痴

2015年01月22日 21:06

なぜ俺はこの作品を見てしまったのか。
悪い意味で記憶を消去したい作品に出会ったのは久しぶり。
そして傷の深さは過去最大級な気がする。

未だに思い出しては悲しみを味わうため、ここで吐き出してしまう事にした。
当然ながら褒める要素が一切ないので、少しでもアニメを楽しんでるなら見ない方がいいと思う。

とりあえず自分の無双歴。
プレイした作品は三国無双1・2・4〜7、戦国無双1〜4、オロチ無印・再臨・2。
要は猛将伝なんかの派生作品を除いたナンバリングは三国3以外すべてプレイ済み。
派生作品もぼちぼちプレイはしている。
ついでに最近の作品は1作品につき100〜200時間ほどプレイしてる無双キチっぷり。

んでアニメ化になった作品は実質戦国無双4。
この作品もトロフィーコンプしたりする程度にはやりこんだ上に、最近の無双の中では人物の死に様をちゃんと描いていたりで、結構に気に入った作品だった。

しかしまあアニメ化して成功する作品とは到底思えなかったし、嫌な予感しかしなかったので相当覚悟してアニメは見たんだが、その思っていたよりも遥かにひどい内容でどうしようもなかった・・・。

まずひと目見ればわかるのが作画の酷さ。
一部が酷いとかではなく全シーンにおいて、と言うかおそらくアニメのキャラデザの段階からおかしいんじゃねえの?と思ってしまうような登場人物の顔ののっぺり具合。
アニメの作画には詳しいとは言えないものの、素人目に見たって線が明らかに少ない上に顔のパーツの配置に違和感を覚えるレベル。

原作ありの作品の1話でこれは流石にどうしようもない。
ゲームのCGの方が遥かに完成度高いし、ゲームのグラそのまま動かした方がまだ良かったと思わせる時点でダメだと思う。

しかし本当に落胆したのはそこよりも話の内容と演出。
ほとんど説明なしに小田原攻めてるのはまあ仕方ないにしても、突然幸村が城に乗り込んで城主に一騎打ち挑み出すとか、何考えてるのって話ですよ。
ゲームだともちろん脚色はあるし、一騎当千のゲームだからプレイヤーがバスバス雑魚は切り倒すものの、戦の流れを作るゲーム性は昔からそうだし、そんなトンデモ展開はお遊び系のシナリオでないとありえないんだが・・・。

幸村が城に突入する時もなんか槍を叩きつけて衝撃波みたいなの飛ばして門を破壊するとかいう、戦略も糞もあったものじゃないことしてたが、ゲーム内では当然そんなことはなく。
ミッションや戦の指示にしたがって、戦況を変えていく流れの中で開門させるゲームだというのに・・・。
屋根の上を突然走りだすような事も当然ないし。


とまあ、とにかくゲーム原作なのにゲームに準拠してる部分が声と音楽ぐらいしかないんじゃね?ってレベル。
キャラデザは確かに無双なんだが、ベースが同じだけに作画の分だけ悲劇にしかならない。
むしろ声と音楽がゲームと同じだけにより苦しい思いを味わった気がする。

無双が好きじゃなかったら「ただの糞アニメ乙」で終わってたのかも知れないが、
好きだからこそ、この出来は辛すぎる。
これ見て戦国無双ってこんな酷いのか、って思われそうだし。

ゲーム知らない人が見たらただの糞アニメ、ゲーム知ってる人が見てもただの糞アニメ、ゲーム好きな人が見たら糞アニメを通り越して苦痛と悲しみを生む作品。
誰も幸せになってないし、ゲームの売上にマイナスに繋がりそうなレベルの出来だと思う。


誰か助けてくれ。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://heretic9999.blog95.fc2.com/tb.php/783-ce66abe5
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。