スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギターの話

2009年04月30日 23:00

たしさんのブログ読んだり、友人と昔の話をしてたら何となく思い出したので。

自分はギターを始めた時、まずはタブ譜の楽譜をテキトウに弾いていた。
バレーコードとかも気にせずに音が鳴ってなくてもその内鳴るようになるだろうと思って弾いてたら実際鳴るようになって。
その後も友人なんかからオススメの曲とか教えてもらいながら、基本的に歌モノの曲を弾いていた。

特に初心者時代に基本を覚える事が出来たのは19の全曲集を弾き漁ってたからだと思う。
そんなに難しい曲もなく、コードも基本形のものが多く、アルペジオの曲やらカッティング使ったジャカジャカ弾く曲やら、アコギの基礎みたいな曲が沢山あったので。

その後は押尾コータローにハマって、ソロギター系を弾き漁ったり。
雑誌だったりソロギターの調べだったり。
中川イサト氏の曲が一番肌に合ってそちら側にどんどん移行していったが。

ソロギターを色々と弾き漁ったおかげで、歌モノもある程度は対応できるようになり、人と合わせたりするのが更に楽しくなった。
ただエレキ系のテクニックは殆ど触れておらず、大学に入ってジャズをするようになってようやく単音弾きを練習したりもしたが、大学に入ってからは高校の時ほど練習するやる気もなく、未だにメロディーだけを弾いたりするのは苦手である。

最近の課題は主にこのメロディーと、ソロ弾きばかりやっててピックをまともに扱ってなかったせいで気になってきたバッキングの荒さの解消か。


以下たしさん用に余計なお世話。
ギターにハマるって言うページが色々と参考になるかも。
教本とか持ってないみたいだし、ソロギターの奏法解説とかもあるから参考にでも。
俺も結構使ってるしね。
スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。